大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

新築賃貸物件の特有の湿気、ホルムアルデヒドの影響でのシックハウス症候群を注意することと点検日がある。

大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫
大家さん必見!賃貸の空き部屋が減るひと工夫

新築賃貸物件の注意点

賃貸物件の構造の確認をすることです。外見はきれいでも木造であったり、軽量鉄骨であったりすると隣の音、声など聞こえて、あとで生活に支障をきたすことも考えられます。入居可能日を確認します。予定していた日よりずれてしまうことがあるので、できるまでに、予定していてことができなくなったりしますので、確認を忘れずにしてください。アレルギーは大丈夫ですか。壁紙や床愛の接着剤に含まれるホルムアルデヒトが揮発してめまいや皮膚炎などアレルギー反応を引き起こすシックハック症候群など、建築基準法が改正されてはいるのですがそれでも体力が弱っているときは、微量でも反応してしまう時があるといけないので注意が必要です。

新築賃貸物件は、湿気があることコンクリートや木材の水分が徐々に抜けていくので湿気が溜まりやすい。特に、日の当たらない部屋などは、特にたまりやすい。喚起をまめにするということです。室内環境を見るのに、1年点検・2年点検があります。新築物件は、施工後、1年後と2年後に建物全般に状況を検査するために施工した建設会社による室内点検が実施されます。生活してて不具合があれば、直してくれます。新築賃貸物件は完成まじかにならないと、寸法などが決まらないので家具などの入れるのがぎりぎりになって入れるようになります。

PICK UP!その他の記事

おすすめ!